活動レポート 4 | 活動レポート 3 | 活動レポート 2  | 活動レポート 1 | 応援している活動
 

無事モンゴルに到着!(2004/1/9)

12月18日、発送いたしました手づくり絵本の第一便。 「かぜのこ セウセウ」が、モンゴルに到着したとの知らせをいただきました。 ウランバートルの子供たちに、さっそく読んでもらえたとのこと。 春には、移動図書館に乗って、モンゴルの草原をまわるのだそうです!


モンゴルへの第一便 (2003/12/18)

丈夫で美しい絵本を、モンゴルの子供たちへ! 「かぜのこ セウセウ」の製本が完成しました。
第一便は、五冊。手づくりの絵本です。
夢の実現へ向けて、ここまで来られましたことを、みなさまに、本当に感謝しています。
「かぜのこ セウセウ」は、もうすぐモンゴルへ船出します!


第二作目の絵本完成 (2003/11/25)

「かぜのこ ふう」の絵が完成しました。 「子供たちの笑顔が見られますように」  との思いで、何度も、描きなおした水彩画の絵。 作品紹介-No.2で全ページ公開しています。 ただいま、製本試作作業に入っています。 「モンゴルの子供たちへ、もうすぐ絵本をおくれる!」 胸ときめかせて、作業を進めてまいります。


翻訳 (10/8)

世界の子供たちへ絵本を送るための大きな壁。それは、『言葉』でした。 メンバーには翻訳のできる者はおらず、初めに考えたのは、言葉のない絵本です。 ところが、メンバーの掲示板への呼びかけにより、ボランティアでモンゴル語の翻訳 を引き受けてくださるという方が名乗りでてくださいました。 「かぜのこふう」は、undarmaa olhonuudさんにより翻訳が完成。 「かぜのこセウセウ」となり、大きな前進となりました。 世界の子供たちへ絵本をおくる活動は、現在モンゴルへ向けて確かな歩みを続けてい ます。 ただいま、「Silent circle」翻訳中。 「そらのすきなこぐま」「ふしぎなぼうし」翻訳予定。


アフガンへ絵本を送るためにモスクに話を聞きに行く

アフガンの子供たちにどうしても絵本が送りたい。メンバーの一人の熱い呼びかけで、実際に送ることができるのかどうか、調べてみることにしました。
アフガンは、国民の大半がイスラム教を信仰しています。そこで、イスラム教について、神戸のモスクにお話を聞きに行きました。
私たちが、考えている以上に、イスラム教の教えは尊く、また、ものすごく熱心に誇りを持って、信仰している姿にうたれました。
イスラム教の世界では、あまり絵本が受け入れられないこと。また、顔やキャラクター的な絵は好ましくないこと。等々。
とても熱心に誠意を持って教えてくださいました。
また、私たちの考えの甘さも思い知らされる一面もありました。
神戸モスクには、心より感謝いたします。
話合いの中で、図形絵本ならば、送っても差し支えがないという結論がでました。


SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO